カーナビゲーション取り付け電源接続編(ZC32S)


カーナビゲーション取り付け電源接続編(ZC32S)

カーナビゲーションをスイフトスポーツ(ZC32S)に取り付けます。

取り付け機種は、carrozzeriaのHDDナビであるサイバーナビAVIC-ZH09CSです。

カーナビ取付の流れとしては、まず内装の必要箇所を取り外し、次に各パーツの取り付け→電源等の取得、最後にメインユニットの取り付け作業となります。

↑以上は、このカテゴリ共通の記載。

このパートでは、電源の接続に関して記載しています。

20ピンコネクター

バッテリー電源、アクセサリー電源、イルミネーション電源、スピーカーなど、オーディオ裏側スペースにある20ピンコネクターと市販の配線キットを利用することで簡単に取得できます。

今回は、ステアリングリモコンアダプター(KK-S101ST)に入っていたコントロール用配線コネクター(20P)を利用しました。

配線キットとナビ電源ケーブル

ナビゲーション側の電源コードと室内で必用な配線を接続後、車両側の20ピンコネクターと接続。

各コネクター

20PINコネクターが映っていませんが、この先にあります。

5ピンコネクター

車速信号、バック信号、パーキング信号をオーディオ裏側スペースにある5ピンコネクターと市販の車速センサーコネクター等を利用することで簡単に取得できます。

どの線がどの信号なのか理解できれば、直接つなぐことも出来ますが、市販品を活用した方が楽だと思います。

ENDY(エンディー) 車速センサーコネクター トヨタ・ダイハツ・スズキ車用 5ピン EJC-310T

アンテナプラグ変換コード

車両側のアンテナケーブルの先端がコネクターになっているので、カーナビ本体と接続するのに変換キットが必要になりました。

エーモン 2065 AODEA 〔 オーディア 〕 アンテナ変換コード ホンダ 〔 エーモン工業株式会社 〕

ワンポイント!

20PINコネクタ配線キットにもアンテナ電源用端子がありますが、こちらは接続しません(利用しません)

このアンテナ変換コードのアンテナ配線は、カーナビ電源ケーブルのアンテナコントロールと接続します。

ステアリングリモコンアダプター

接続自体は、取扱説明書通りに行えば難しい点はないと思います。

アダプターボックスは、動かないように両面テープで、エアコンのケース?に貼り付けました。

ステアリングリモコンアダプターBOX

以上で、この工程は終了ですが、取扱説明書をよく読めば特別難しい点はないと思います。

次は、カーナビ本体を車両に取り付ける作業です。


関連記事

  1. カーナビゲーション取り付けメインユニット編(ZC32S)
  2. カーナビゲーション取り付けアンテナ・各機器編(ZC32S)
  3. カーナビゲーション取り付けグローブボックス等の取り外し編(ZC32S)
  4. カーナビゲーション取り付けインパネ分解編(ZC32S)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です